ホーム > キャンパスライフ > 臨地実習

キャンパスライフ

臨地実習


医療現場で、必要なことを学ぶ「臨地実習」

臨地実習イメージ
実力がつく!現場実習
病院や施設に身をおき、実践の場で力を試す現場実習が豊富。患者様との会話や体験が学生たちに未来をつくる力になります。
「実習に行くたびに強くなれる」という学生も多数います。

実習に臨む学生を、学校全体でしっかりフォロー
「臨地実習」とは、授業で習った知識と技術を統合させるために重要なカリキュラムです。 一般病棟をはじめ、老人介護施設から産科婦人科まで、学生はすべての分野の実習に参加しなければなりません。 実習先でどんなことをするのかは、2度の事前オリエンテーションで説明し、学生の不安を取り除きます。 さらに実習には本学の先生も同行し、きめ細やかな指導を行う予定です。 また、実習の内容に合わせて座学のカリキュラムの実施時期を変更するなど、より効率よく勉強するための工夫をしたり、3年次の長期実習では、 実習先をなるべく家から近いエリアの病院にするなど、学生の負担を少しでも軽減できるよう配慮する予定です。

どうすれば患者さまが「その人らしく生きる」ことができるかを本気で考える
昔の医療は、とにかく「病気を治す」ことが最優先され、患者さま本人の意思とは関わりなく辛い治療を施すこともありました。 しかし現代の医療では、患者さまの想いを尊重し、いかにその人らしく生きるかを重要視されています。 そんな時代背景を受け、私が本学の学生に希望することは、臨地実習を通して患者さまの立場に立って要望を聞き入れ、その人らしく生きる方法を本気で考えられる看護師になってほしいということ。 自分の意見をしっかり持ち、チーム医療の現場でその役割を果たすことができる、理論と実践が結びついた看護師に成長していってほしいと願っています。

木村衣里さん
患者さんとのふれあいを通し、大変貴重な体験ができました。
初めての臨地実習では、実際に患者さまに触れてみて初めて分かったことがたくさんあり、とても有意義でした。 同時に、自分の勉強不足を反省しました。 次の実習では、同じ病名でも患者さまごとに症状が異なるので、一人ひとりに合わせたケアができるよう意識して臨みたいです。

木村 衣里さん(看護学科)
島根県立津和野高等学校出身


濱ア沙也香さん
患者さま一人ひとりに合わせた看護の大切さを実感しました。
実習先で指導してくださった看護師の方から「患者さまに合わせたイメージづけをするように」と言われましたが、最初はその意味がわかりませんでした。
しかし実際に患者さまと接するうちに「一人ひとりの症状に合わせた看護を考えることが必要なんだ」と気づきました。
この実習で学んだことを、次の実習でも活かしたいです。

濱ア 沙也香さん(看護学科)
広島県比治山女子高等学校出身


瀬尾尚美さん
10以上の臨地現場の体験を通し、成長できた!
医療事務から看護の世界をめざした私。2年次の実習では久しぶりに病院へ帰ってきたなと感じてうれしかったですね。3年次では3週間の臨地実習があり、人工呼吸器をつけた患者様を担当するなど、生命について改めて考える機会がありました。
これまで10以上の臨地現場の体験を通して、本当に成長できたように思います。
患者様やご家族のために何ができるか自分で考え、自然に行動できる看護師をめざして4年次の臨地実習もがんばります。

瀬尾 尚美さん(看護学科)
広島県立神辺旭高等学校出身


大西 麻湖さん
自分自身の希望に多くの先生方が応えてくれる。
実習先の病院選びも就職活動についても、自分の興味や希望をもとに先生方からアドバイスをいただくことができます。
実習先では他の部門の方と意見を出し合って取り組む現場に触れ、勉強はもちろん人間性も大事だと実感しました。 そこで学んだように多くの方と協力して患者さまと向き合うことのできる理学療法士が目標です。

大西 麻湖さん(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
広島県立広島井口高等学校出身


山本 健太さん
先生と相談しながら自分が進むべき道へ
最近では一般企業にも需要があり、いろいろな可能性を秘めた作業療法士にひかれて本学に入学しました。 作業療法の領域は幅広く、自分がどの分野に進みたいか、向いているかまだあまり見えていないところはありますが、これからの実習や先生方のサポートを通してじっくり方向性を固めていきます。

山本 健太さん(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
広島県立広島観音高等学校出身