ホーム > 専攻科・大学院 > 指導教員紹介

専攻科・大学院

広島都市学園大学大学院



指導教員

入学希望者は出願にあたり、あらかじめ希望する研究指導教員と事前の入学後の研究等について相談したうえで出願をしてください。事前相談は、各教員に直接、連絡をしてください。

※教員名をクリックすると、研究分野、研究業績など詳細を見ることができます。

領域

指導教員

指導内容

主な研究
キーワード

地域・生活向上支援学領域

田丸 政男
(たまる まさお)

教授

医学博士
獣医師

補完代替医療は、音楽療法・動物介在療法・アロマセラピー・健康食品・マッサージ・指圧などがあり,現代西洋医学を補う医療と解釈されている。本特別研究では、これらの補完代替医療の人の健康におよぼす効果について,生理心理学的に研究する。

動物介在療法、脳発達障害、ストレス、不安、動作解析

松原 みゆき
(まつばら みゆき)

教授

博士(保健学)
看護師

高齢社会を迎えた現代、高齢者はガンを含む慢性疾患と共生している。一方、家族構成の変遷により高齢夫婦の二人暮らしや、単身の子どもと同居する場合、一人暮らしが多くなっている。この社会状況を洞察し高齢者のこれからの生き方について問題解決できる方法について教授・指導する。

地域連携、在宅ケア、ホスピス

加藤 みわ子
(かとう みわこ)

准教授

博士(学術)
臨床検査技師

身体的な疾病状態のみならず、こころの状態や人間関係などの社会的な状態、感覚・知覚の変化などにも視野を広げて、日常生活の中で活用可能な地域・生活向上について科学的に検討をする。また、研究論文の作成を通じて、調査法や実験法および観察法を用いて科学的に研究を実施、分析、解析および考察できる力を養う。

メンタルヘルス、感覚・知覚、対人、実験心理、精神生理、社会医学

健康増進・障害予防学領域

藤村 昌彦
(ふじむら まさひこ)

教授

博士(保健学)
理学療法士

疾病の発生・経過・分布・消長とそれに影響をおよぼす原因を研究し、疾病の予防を行うことや、病気になりにくい心身の健康増進を図るための学問を修める。具体的には筋骨格系傷害の発生環境を模擬的に設定、データ収集、そして研究論文を完成させる。

傷害予防、健康増進、産業衛生、筋電図

山口 扶弥
(やまぐち ふみ)

教授

博士(保健学)
看護師
保健師

地域住民の健康課題とその予防対策を研究テーマとする。対象の健康課題をデータ収集・分析から明らかにし、健康増進・疾病予防及び健康課題の解決・改善にむけた支援に関する研究論文を作成する。

感染症、高齢者、 産後うつ、
子育て支援、保健行動、予防対策

甲田 宗嗣
(こうた むねつぐ)

教授

博士(保健学)
理学療法士

 

疾病にともなう障害重度化のメカニズムを明らかにし、障害の評価方法を開発する研究、理学療法などの介入による障害の重度化予防と治療に関する研究、また、重度化予防を担う病院や地域の組織作り、人材育成に関する研究を行う。

 

障害の評価、障害の重度化予防と治療、理学療法学

 

保健学教育・組織マネジメント領域

富樫 誠二
(とがし せいじ)

教授

保健学修士
理学療法士

保健学分野におけるヒューマンサービス職が所属する組織の特有性や独自性を明らかにし、組織変革に必要な組織マネジメントについて研究テーマを設定する。設定した研究テーマに応じた適切な研究計画書を作成し、データ収集・分析を行い、修士論文を完成させる。

マネジメント、人的資源管理、チーム医療、組織行動、組織変革、意思決定

平岩 和美
(ひらいわ かずみ)

教授

博士(マネジメント)
専門理学療法士(生活環境支援理学療法士)

地域社会、医療や福祉に関する課題、健康に関する政策を扱う。介護保険や地域包括ケアなど、多様な主体の連携やステークホルダーのマネジメントが必要な場面、組織間の関係、地域の実情により異なる政策を研究テーマとし、量的調査と質的調査により論文を作成する。

マネジメント、社会学、政策、地域差、組織間関係、介護予防、連携

 

原 賢治
(はら けんじ)

准教授

博士(教育学)
理学療法士

保健学教育に関して、“教育心理学” “キャリア教育”を視野に入れながら、医療専門職養成課程の卒前及び卒後における学習(学修)支援、人材育成の方法を検討する。そのテーマに関して研究計画を企画、データ収集・分析を行い、研究論文を作成する。

卒前教育、初年次教育、卒後教育、教育心理学、キャリア教育、学習(学修)支援