ホーム > 学部案内 > 看護学科メッセージ

大学案内

メッセージ


看護の明日をつくる皆さんへ −教員メッセージ−

北原悦子
やさしいところから難しいところへ、学びを深める。
看護学科 学科長 北原 悦子 教授

看護師には、3つのHが必要だといわれます。まず第1にハンド(Hand)。安全で確実な技術を実践していきます。第2にヘッド(Head)。専門的な知識を基に、適切な判断を行います。第3にハート(Heart)。患者さまを思いやり、心のこもったケアを提供します。
看護師は命を預かる仕事ですから、国家試験は簡単には突破できません。とはいえ、4年間かけて基本から積み上げていけば、その実力を身につけることは可能です。私たち教員の合言葉は「やさしいところから、難しいところへ」。理解を助ける教材選び、技術の反復練習など、あらゆる方面からサポートを行います。学生の皆さんには自主性を持って学びを深め、患者さまに信頼される看護師を目指して、研鑽していただきたいと思います。


武田留美子
ますます求められる「人の気持ち」を理解する“共感力”
看護学科 武田 留美子 准教授

私の専門である「在宅看護」は、地域や自宅で療養する方(家族)の生活を支えるために、どのような看護が必要かを考え提供することを学びます。 療養する方(家族)を支えるためには、看護職だけでなく、さまざまな職種の方とともにチームを組むことが大事です。 そのためには人の気持ちを理解する共感力が必要となります。
そうした感性を養うことは講義だけでは、難しいことですが、本学にはその素質を持った、素直でタフな学生が多い印象です。 2泊3日のコミュニケーション技法の授業や教員と学生の距離が近いチューター制度などもより一層、感性を高めてくれるでしょう。


在学生のホンネ −HCUのココが好き!−

吉村 彩子さん
患者さまに寄り添い、頼られる看護師がわたしの理想。
吉村 彩子さん(看護学科)
(広島県立可部高等学校出身)
幼いころから人と関わること、お世話をすることが好きで、自然と看護師を目指していました。 今は授業を真面目に受けることはもちろん、実習が増えて忙しくなる前にアルバイトも頑張って両立させています。
教わった技術をしっかりと身につけ、理想としている看護師になれるよう日々の授業を大切にしています。
藤原 郁也さん
目標は日本のナイチンゲール。
藤原 郁也さん(看護学科)
(広島県立廿日市高等学校出身)
看護師になりたいと思ったきっかけは東日本大震災でした。 さらに海外の惨状を知り、グローバルに災害現場で活躍できる看護師をめざしています。 勉強はもちろん、アルバイトやボランティア、サークル活動など積極的に行動し、いろいろなことを吸収しています。 語学にも力を入れて、目標は国境・言語を超えて心と体のケアができる日本のナイチンゲールです。
柳川正弘さん
消防士も看護師も「人助け」という目的は同じ。
経験を活かして新しい目標へ。

柳川 正弘さん(看護学科)
(広島県立広島工業高等学校出身)
夢だった消防士として県北で勤務していました。ところが広島市に戻らなくてはならない事情があり退職。 救急活動にも従事したことで医療を身近に感じるようにもなり、看護師という目標を見つけることができました。 専門職は年齢よりも気持ち。一度社会に出たことで、仕事と同じ意識で勉強に取り組めています。 もちろん同級生は年下ばかりですが、自分がみんなを引っ張っていくんだ、見本になるんだ、という意識も芽生え、仲良くできていると思います。 以前から感じていた「人を助けたい」という思いは変わることなく新しい道を歩んでいます。
柴田 麻衣さん
現場で求められる力を学んでいます!
小林 周太郎さん(看護学科)
(広島県立廿日市西高等学校出身)
講義や実習を通して必要な知識や技術はもちろん、患者さまやご家族への対応のための心配りなど、現場で求められる力を学んでいます。

現場で活躍している先輩たちからのメッセージ

平川・日高・Mア
社会に出てからが本当の勉強。
仲間と一緒にますます励んでいます。

左:平川 杏子さん(整形外科)右:廣田 旬孝さん(精神科)
(広島大学病院勤務)
社会に出ると責任も重たくなり、ひとつひとつの行動がとても大切になります。 教科書で学んだ通りにいかないことも多く、そんなとき思い出すのはコミュニケーション技法で学長先生(注:現総長)から教わった「三訓五戒」。 社会人としての心構えを授かり、特に挨拶は人間関係を築く基本であり、とても重要なことだと学びました。 病院に勤めるようになって、知識や技術だけではなく人間性を磨くことがとても大事であることを、身をもって実感しています。 これから大学に入る皆さんには、大学の勉強だけではなく、遊びやアルバイトなどを通していろんな人たちと出会ってほしい。 例えば苦手だと感じる人との出会いも良い経験になります。 もちろん同じ看護師の仲間も大切です。 広島大学病院では、最初の三ヶ月は先輩にマンツーマンで教わりながら、勤務します。 叱咤されながら、毎日が新しく覚えることで精一杯。 正直つらくて辞めたくなるときもありました。 ですがそんなときに優しくフォローしてくださる先輩や、励ましあえる同期の仲間たちとその期間を終え、 ある程度自分のペースで仕事をさせてもらえるようになってからは多少余裕もでてきました。 先輩にも「よく乗り越えたね」と言ってもらえ、厳しいながらも温かい先輩の心遣いと、仲間のありがたみが心に沁みています。 皆さんも受験勉強や学生生活でつらいと思うことがあるかもしれません。 でも決して一人ではありません。これから多くの人と出会い、支えあいながら頑張ってください。


森貞・砂田
話しやすく頼られる看護師をめざして皆さんと一緒に働く日を心待ちにしています。
左:森貞 弥生さん(婦人科)右:砂田 美菜子さん(脳神経外科)
(県立広島病院勤務)
勤め始めて約1年。最初の1ヶ月は、大学での実習のようにその日の計画を立ててから勤務し、終業時には反省点などを振り返る研修期間でした。 研修を終えた今でも覚えることがいっぱいで、とても慌しく過ぎる毎日です。 少しずつ仕事を覚えてきて、慣れてきたと感じる一方、患者さんともっと関わりたい、お話をお聞きしたいと思っているのに時間や心の余裕が足りていないと思うので、まだまだこれから。 そんな忙しい中でも患者さんから「ありがとう」と言ってもらえたときや、回復していく方の様子を見られることがとても励みになっています。 学生の頃を振り返ると、よみがえるのは楽しかったことばかり。 試験前に友だちと夜遅くまで勉強したことも、大変だったけれど今から思えば楽しい思い出です。 勤務先から大学も近いので、図書館や先生にお会いしに行きたいですね。 患者さんにとって話しやすく、頼ってもらえる看護師をめざして、これから入学される皆さんが就職する頃には一人前になっていられるよう頑張っていきます。


▲ページトップへ