ホーム > 学部・学科 > 子ども教育学科メッセージ

大学案内

メッセージ


教育の明日をつくる皆さんへ −教員メッセージ−

佛圓弘修
求められているのは子どもとともに成長できる教育者・保育者。
子ども教育学科 学科長 佛圓 弘修 准教授

本学科では平和とケアの精神に根ざした確かな専門性を修得するカリキュラムとチューター制度をはじめとしたきめ細かい相談・支援体制を充実させ、 子どもたちに必要とされる人材の育成に努めています。
今、現場で求められているのは子どもに対して共感的にケアできる力。 さびしさやつらさ、かなしさに寄り添い、ともに成長できる人材です。 とりわけこれまで幾多の失敗や挫折経験をもっている方は、それが優れた保育者や教育者に成長していくための大きな財産になり得ます。 教育の専門職を目指す方は是非とも本学の門戸をたたいていただきたいと願っています。 自分自身の自己実現をめざして、同じ志をもつ仲間とともに学び合ってほしいと思います。


國清 あやか
子どもたちが安心できる居場所をつくってあげられる教育者・保育者に。
子ども教育学科 國清 あやか 教授

「子どもの笑顔を見るために、自分を活かしたい」と思っている方、ぜひ本学にいらしてください。 どんな「自分」を活かせるのでしょうか。 「自分」はどんな人間なのでしょうか。「笑顔を見るために」自己を知り、自己実現できるように学び、ともに成長しましょう。 美術科教育では十人十色の表現を大切にしていますが、これは美術に限ったことではありません。 子どもたち自身が唯一無二の存在であることを理解し、自己実現できるように支えられる教育者・保育者になってほしいと願っています。


深澤悦子
子どもたち一人ひとりの生育をふまえて、
育ちを豊かに立て直せる力を磨いてほしい。

子ども教育学科 深澤 悦子 准教授

私の専門分野は、幼児教育方法論です。 保育所や幼稚園で実際に保育実践を見ながら、子どもたちの生活をどう充実させていくか、主体的なあそびや活動をどう構成していくかを研究しています。 子どもをよりよい方向に育てていくためには、まず発達や教育に関する理論を身につけなくてはなりません。 子どもたちの個性は千差万別で、成長するペースもさまざま。 子ども一人ひとりの生育をふまえて、より良い方向に育ちを保障していける保育者を育てていきます。


在学生メッセージ −HCUのココが好き!−

泉 真慈さん
泉 真慈さん(子ども教育学科)
(広島県立廿日市高等学校出身)
新しくて施設も整っていて、楽しそうなオープンキャンパスの印象で本学に。
先生が学生一人ひとりをじっくりみてくれる大学です。
怒るときにはしっかり注意してくれ、厳しくも優しかった小学校のときの先生のように、子どもたちが大きくなって会いにきてくれるような教師が目標です。
藤ア ちひろさん
藤ア ちひろさん(子ども教育学科)
(福岡県立田川高等学校出身)
理想は子どもが安心して過ごせて、保護者の方と一緒に成長を見守れる保育者。
定員数が少ないので先生・同級生ともコミュニケーションがとりやすそう、と入学前から感じていました。
施設や設備も充実しているので、授業の合間にはこどもケアセンターに積極的に参加しています。
松浦 優さん
現場の技を学んで実践力を鍛えています。
松浦 優さん(子ども教育学科)
(山口県立萩高等学校出身)
小学校の教室そのままの環境で、教師経験のある先生から「子どもが学びたくなる指導力」を教わっています。
現場の技を学んで実践力を鍛えています。
小学校と幼稚園の免許が取れることがポイント。 子どもからはもちろん、保護者の方からも信頼される教育と保育の専門家をめざしています。

現場で活躍している先輩たちからのメッセージ

成清 茜
やらずに後悔よりも、やって改善。
大下 将希さん
(社会福祉法人愛児福祉会 高陽なかよし保育園)
幼い頃から保育士になることが夢で、他の進路は考えていませんでした。 大学の授業で石川先生にお世話になり、学童保育でも経験を積ませてもらい、ますます熱意が高まりました。 「子どもが好き」という気持ちが根底にあって、大学の講義や実習、卒論で面倒くさいと思ってしまったり、 苦しんだこともありましたが、今では実習のひとつひとつが自分の身になっていると感じています。 学生生活では「いーぐる」やボランティア活動で子どもと接する機会を積極的につくり、場数を踏んだと思えることも自信につながっています。