ホーム > 学部・学科 > リハビリテーション学科メッセージ

大学案内

メッセージ


医療の明日をつくる皆さんへ −教員メッセージ−

富樫誠二
考える力を身につけて、臨機応変に対応できるリハビリのプロへ。
リハビリテーション学科 学科長 富樫 誠二 教授

理学療法士や作業療法士にとって、豊かな人間性の形成とともに大切なのは、「なぜそうなるのか」ということを考える能力です。 さまざまな患者さまがいる臨床現場では、状況に応じて常に論理的に考える力が求められます。
リハビリテーション学科では、そうした考える能力を、実習をはじめとする授業の中で磨いています。 考える力を伸ばせば、きっとどのような状況にも臨機応変に対応できるスキルが身につくはずです。
さぁ、あなたもリハビリの専門家をめざしませんか。この大学でよかった!と思える4年間を過ごしましょう。


大塚彰
患者様を思いやり、リーダーシップもとれる理学療法士へ。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 専攻長 大塚 彰 教授

理学療法士は、専門知識や技術はもとより、医療従事者としての豊かな人間性、さらに今ではチーム医療を理解し、リーダーシップがとれる能力も求められています。
そうした資質を身につけるために最も大切なのはコミュニケーションスキル。
この大学には、人間性やコミュニケーション能力を鍛える科目が豊富にあります。4年間しっかりと学んでいきながら、患者様を思いやり、他の医療スタッフと連携を図れる理学療法士をめざしましょう。


近藤敏
ユニークな治療で患者様を笑顔に。それが、作業療法士の仕事です。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 専攻長 近藤 敏 教授

作業療法士は、自分が必要とされていることを実感できる仕事です。一見、治療とは思えない楽しそうな治療もあるし、 悪いところを見つけて治すだけではなく、良いところを見つけて伸ばす仕事でもあります。 そのようなユニークな治療で患者様の笑顔を取り戻すプロセスに、あなたの個性や特技を活かしてみませんか。
授業では作業療法の面白さや奥深さをしっかり伝えます。
私たちと一緒に地域社会で活躍できる作業療法士をめざしましょう。


平井秀雄
海外での支援活動の経験を授業に活かしています。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 平井 秀雄 准教授

15年ほど前に青年海外協力隊としてパキスタンの首都イスラマバードにあるアルファラビ障がい児特別教育センターに赴任し、脳性麻痺、ポリオ、切断等の患児の理学療法や患児の家族への支援活動を経験しました。
障がいを抱えながらも、いきいきと生活していた患児たち。彼らにとって本当に必要なケアとは何かなど多くのことを実体験の中で学びました。
授業では、こうした経験をふまえ、理学療法の実践スキルとともに、その意義や役割を伝えていきます。



上川 紀道
「なんとかしてあげたい」という気持ちを生涯持ち続けてほしい。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 上川 紀道 講師

以前はクリニックに勤め、各種スポーツのサポート活動も行っていました。選手に対するテーピングや身体のケア、トレーニング指導などの経験を活かし、より実践的な講義内容としています。 理学療法士が対象とする方々はスポーツ選手だけでなく、子どもから高齢者まで幅広く、病状や障害の程度はさまざまです。 大事なことは「なんとかしてあげたい」と思う気持ち。その人らしい生活が送れるようにサポートする大変やりがいのある職業です。 理学療法士になるためのサポートは我々がしっかりと行いますので一緒に頑張りましょう。


馬屋原康高
新しいことへのチャレンジとその経験を広めることができる理学療法士に。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 馬屋原 康高 講師

理学療法士は、患者さまのライフ(生活・生命)を支えています。 理学療法士は、スポーツや高齢者のイメージが強いかもしれませんが、救命病棟、新生児病棟、心疾患、呼吸器疾患、 さらには特別支援学校、在宅医療と多くの分野で活躍し、各分野で患者さまのライフを支えているのです。 今後も理学療法の分野は、時代のニーズに応え広がっていくでしょう。
本専攻で学ぶ学生たちには、新しいことへチャレンジし、その成果を国内外の学会で発表することで、新たな理学療法を開拓して欲しいと考えています。 そのようなチャレンジが患者さまを支える礎となるのです。



丹羽敦
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 丹羽 敦 教授

作業療法士は「人の生き方」について論理的に思考し、科学的に探求し、そこから導かれた作業療法の専門性を継承していくことが求められます。 これから作業療法士をめざす皆さんには、そのために必要な専門性や人間性を身につけ、情熱と誇りを持った、社会に応え信頼される作業療法士になってほしいと思います。

国の要請を受け、JI CA(国際協力事業団)の「中国リハビリテーション専門職養成プロジェクト」に作業療法の専門家として参加。 中国リハビリテーション研究センター(北京市)に勤務し、中国初の4年制リハビリテーション専門職養成施設のカリキュラム作成、教員養成に携わった経歴を持つ。


川畑 なみ
「心の動く経験・体験」をたくさん積んで、人と関わる力を身につけて。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 川畑 なみ 講師

ひとの生活はさまざまな「作業」で構築されています。 発達段階に応じて、できるようになる「作業」は増えますが、病気やケガ、あるいは加齢などでこれまでできていた「作業」ができなくなることがあります。 このような「作業を失う」悲しみに寄り添い、「作業」を取り戻すための訓練や工夫をしたり、「新たな作業」を共に探索したりといった、多方向からのアプローチができるのが作業療法の醍醐味です。 医学知識と技術はもちろんですが、対象者を理解するための「心」、ひとへの「想い」を持った作業療法士を育てていきたいと思っています。



角田 孝行
広がる活躍の場。皆さんがこの道に進まれることを期待しています。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 角田 孝行 助教

注意欠如/多動症や自閉症、学習障害などの発達障害に対して、専門的に関わることができることも、作業療法士の特徴の一つです。 直接子どもと関わる治療者としての役割はもちろん、保護者や教育者に対して助言や指導をするなど、子を取り巻く環境にも関わっていきます。 活躍の場は病院や施設だけではなく、学校など教育施設や地域にも広がっています。 学校の勉強だけでなく、懐の深い人間らしい視点を持ち、人と関わることができるよう多くの経験を自ら進んで積んでいくことが重要です。



宮崎洋幸
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 宮崎 洋幸 准教授

みなさんには大きな可能性があります。しかしそれを活かせていない学生が多いようです。そんな時、私は3つのことをアドバイスします。
一つ目は「自分で気づく」こと。 成功や失敗のポイントを理解しましょう。次に「努力を惜しまない」こと。 貴重な4年間を無駄にしないように。最後に「素直に聞く」ことです。人からのアドバイスはとりあえずやってみましょう。 絶対に得るものがあります。
教員全員でみなさんをきめ細かくサポートします。3つのポイントを実践しながら大きく羽ばたきましょう。



谷川良博
作業療法士に必要とされる「考える力」を磨く4年間。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 谷川 良博 講師

作業療法士の醍醐味は一人ひとり異なる生活スタイルやライフステージをもとに、その方が望む生活をいっしょに築き上げていくことです。 そのためには脳と体の仕組みを理解する医学的知識が大切です。 さらに相手の趣味嗜好などの個性を理解する「心」も必要。本学の教職員はスペシャリストが集まっており、学生は興味のある分野を掘り下げることができます。 ここで学び、技術・知識はもとより、科学的に思考ができる作業療法士をめざしてください。



島千敬
医学的知識から生活障がいを理論的に分析、支援できるようになってほしい。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 島 千敬 講師

高度先進医療の中でも、作業療法士は必要とされています。 例えば、臓器移植やがんの治療後の患者さまは、免疫力や体力が低下することで、退院後の生活に大きな不安を感じます。 作業療法士は、そのような方々が自宅に退院し、仕事に戻るなどの生活を取り戻すトレーニングも行っています。 一人ひとりが自分らしさを取り戻すためには、障がいの原因を見極めて、個々人に応じた治療計画を立てることが必要です。 多くの医学的知識をもとに、理論的に思考する能力を養っていきましょう。


在学生のホンネ −HCUのココが好き!−

妹尾 真菜実さん
目標は常に前向きでいられる理学療法士になること。
妹尾 真菜実さん(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
(安田女子高等学校出身)
人の人生に関わり、貢献できる医療系の仕事にもともと興味がありました。 中でも理学療法士という職業に心を惹かれ、今は勉強に励む毎日。 知識はもちろん、患者さまとの接し方や治療方法を身につけるため、特に実技に力を入れています。 いつも前向きに取り組み、患者さまを元気にできる理学療法士になれるよう頑張っています。
橋本 彩花さん
教科書だけでは学べないたくさんのことを教わりました。
橋本 彩花さん(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
(広島市立美鈴が丘高等学校出身)
実習では患者さまとの関りや、他職種との連携といったコミュニケーションの取り方をはじめ、多くのことを教わりました。 特に感じたことは、患者さまは一人ひとり症状や状態が異なるので、決まりきった治療計画ではなくその方に合った臨機応変さ。 患者さまに寄り添える作業療法士になるため、人の気持ちをできるだけ汲み取るよう日々心掛けています。
森元香葉さん
考えられる力を身につけます
森元 香葉さん(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
(広島県立広島井口高等学校出身)
まずは身体の構造や運動メカニズムを勉強。
機能の改善や維持のために一人ひとり異なる状態に合わせた治療を考えられる力を身につけます。
田中優希さん
知識と技術、人間力を磨いています。
田中 優希さん(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
(広島県立祇園北高等学校出身)
日常の作業活動を駆使して、心身に障がいをもっている方の社会復帰を支える仕事。
医療職者として必要な知識と技術、人間力を磨いています。
森安雛子さん
リハビリの時間を楽しい時間に変える、魅力的な仕事だと思います。
森安 雛子さん
(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
作業療法について、私が最も魅力的に感じているのは、作業を通じて心のケアをしながら楽しくリハビリを提供できること。 1年次の授業で、実際に作業療法で用いる編み物や陶芸を体験し、自分でやるだけではなく、人に教えることの難しさを実感しました。
作業療法では、障害のある患者様に対して、自尊心を傷つけず、身体的に苦痛を与えることなく指導しなくてはなりません。 リハビリの時間をいかに楽しい時間に変えていくか。 それこそが、作業療法士の魅力だと思います。また、会話が困難な患者様に対しては、まばたきや脈拍数でコミュニケーションを図る手法もあることを授業で知り、その奥深さを実感しています。
私が理想とするのは、積極性を引き出せ、なおかつ第二の人生を生き生きと送っていただけるようしっかりサポートできる作業療法士。 まだまだ学ぶべきところはたくさんありますが、日々の授業やこれから始まる臨床実習を懸命に取り組み、理想に近づけるように頑張りたいと思います。


現場で活躍している先輩たちからのメッセージ

錦織 航
理学療法士は大変だけど、
とても充実した「道」。

錦織 航さん
(島根大学医学部附属病院リハビリテーション部)
急性期病院で手術後すぐの方や手術前の方、発症早期の方など、幅広い症状のリハビリテーションに携わっています。 学生時代の実習では常にバイザーの指導のもとに行いますが、現在では患者さまのその日の状態に応じた自分の判断が求められます。 今後の方針などを考慮したうえでリスク管理も必要になります。 本院リハビリテーション部の理念は「未来をカタチに」。 患者さまがされたいことを実際にカタチとして提供できる理学療法士になれるよう、頑張っています。 正直、理学療法士になることは楽ではありません。 勉強、実習、国家試験を乗り越え、資格を取得しても、理学療法士である限り勉強は一生続きます。 ですが退院される患者さまの笑顔を見ることができるのもまた理学療法士。 大変な道ではありますが、同時にとても充実した道を踏みしめています。


佐々木 真理
We can do it!
先生からいただいた自信と勇気。

佐々木 真理さん
(医療法人 清泉会 一ノ瀬病院)
まだ勤め始めて日は浅いですが、患者さまを担当させていただき、リハビリテーションはもちろんリスク管理を含めて責任をもって仕事に取り組んでいます。 職場の先輩方のように患者さま一人ひとりと向き合い、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、 それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成できる理学療法士が目標です。 学生時代、国家試験前に皆が不安と緊張にさいなまれる中、富樫学科長からいただいた「Yes, we can do it!」という言葉が思い出に残っています。 この言葉を皆で唱えると、不思議と緊張がほぐれ、今まで勉強してきたことに自信が持てました。 この言葉を胸に、これから先も常に向上心を持って頑張っていきます。 広島都市学園大学は先生方に相談しやすい環境で、悩み立ち止まったときには手を差し伸べてくださいます。 受験生の皆さん、ぜひ広島都市学園大学で充実した学生生活を送ってください。


平石 明日香
“先生”という立場に身が引き締まります。
平石 明日香さん
(医療法人社団 おると会 浜脇整形外科病院)
経験や勤務年数に関係なく、国家試験に受かって働き出すと、社会人一年目でも患者さまからは“先生”と呼ばれます。 学生という立場から突然の飛躍に、とても責任の大きさを感じます。まだまだ未熟で分からないことは多いけれど、 作業療法士として最高の治療とサービスを提供できるよう取り組んでいます。 大学の講義では多くのことを習いますが、臨床に出ると教わった以上のことに直面します。 その時には実習での臨床経験が活きてきます。 患者さまに触れる手の位置や動かし方、ひとつひとつに意味があり、どのような分析からアプローチするのかを学び、 多くの引き出しを習得するいい機会だったと、整形外科病院に勤めるようになって特に感じています。 これから大学に入られる皆さんも、日々自己研鑽して、できるだけ多くの経験を積んでください。 ですが、国家試験に受かって働き出してからが本番です。 私も皆さんが就職して、先輩としていろいろなことを教えることができるよう頑張ります。


森迫 優太郎
プロとしての責任の重さを実感しています。
森迫 優太郎さん
(医療法人 信愛会 日比野病院)
勤めはじめたばかりですが、患者さまを一人担当させていただいています。 現在は作業療法士として給料をいただいている立場。 リハビリテーションはもちろん、さまざまな業務に対しても責任を感じる毎日です。 ゆくゆくは自分が患者さまを評価し、治療プログラムを考えていかなくてはならなくなります。 「自分の考えを常に疑うこと」。学生時代、実習で教わったこの言葉が印象に残っています。 計画が患者さまのためになっているのか、常に模索していくことが大事だと感じました。 時間に余裕ができると先輩方の見学に入らせていただくなど、多くのことを学び、早く一人前になれるよう日々精進しています。 学生の時には実習や国家試験の勉強などつらいこともたくさんありました。 これから受験される皆さんも、くじけそうになる時があるかもしれません。 そんな時は作業療法士・理学療法士になりたいと思ったときのことを思い出し、頑張ってください。


森田憲吾さん
スポーツと関わりたい。夢は最高のかたちで実現。
森田 憲吾さん(広島医療保健専門学校 2004年度 卒業)
(医療法人社団 飛翔会グループ 広島ドラゴンフライズ専属トレーナー)
広島でスポーツ医療を通じた地域貢献に取り組む飛翔会グループに理学療法士として所属。 スポーツに関わりたいという在学中からの夢がかない、現在はプロバスケットボールチーム「広島ドラゴンフライズ」のメディカルトレーナーを務めています。 日々の練習では、開始前のウォーミングアップやテーピング、終了後のケアなどを通して選手のコンディションづくりをサポートします。 練習中は選手の動きをチェックし、コンディションを把握。 選手一人ひとりの課題に応じたトレーニングやケアも行い、週末の試合でより良いパフォーマンスが出せるようバックアップしていきます。 プロである以上、結果が重要です。積み上げてきたことが試合で「勝利」という実を結んだ時が、達成感を感じられる瞬間です。
森田憲吾さん
人が好き。それがすべての原点。
トレーナーとして私が最も心がけていることは、選手とのコミュニケーションです。 コンディションには体だけでなく心の状態も関係します。 普段から選手と気軽に話せる関係を築き、一人ひとりの身体的な特徴や状態に加え、性格や精神的な状態までトータルに理解したうえで、必要なメニューを実践しています。 そのためには、理学療法士としての専門的な知識と技術はもちろん、一人ひとりに愛情を持って向き合うことが大切です。 人が好きであること。それが、トレーナーに限らず、理学療法士に必要な基本だと思います。 その基本は、在学中に先生の熱心な指導を通じて学ぶことができました。 私の理学療法士のキャリアは、先生をはじめ、先輩、同期の仲間、そして就職してからも選手や職場の上司など多くの人との出会いに支えられています。 これからも、人を思う気持ちを第一に、自分を高めていきたいです。


▲ページトップへ