ホーム > 学部案内 > リハビリテーション学科メッセージ

大学案内

メッセージ


医療の明日をつくる皆さんへ −教員メッセージ−

富樫誠二
考える力を身につけて、臨機応変に対応できるリハビリのプロへ。
リハビリテーション学科 学科長 富樫 誠二 教授

理学療法士や作業療法士にとって、豊かな人間性の形成とともに大切なのは、「なぜそうなるのか」ということを考える能力です。 様々な患者様がいる臨床現場では、現状に応じて常に論理的に考える力が求められます。
リハビリテーション学科では、そうした考える能力を、実習をはじめとする授業の中で磨いています。考える力を伸ばせば、きっとどのような状況にも臨機応変に対応できるスキルが身につくはずです。
さあ、あなたもリハビリの専門家をめざしませんか。この大学でよかった!と思える4年間を過ごしましょう。


大塚彰
患者様を思いやり、リーダーシップもとれる理学療法士へ。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 専攻長 大塚 彰 教授

理学療法士は、専門知識や技術はもとより、医療従事者としての豊かな人間性、さらに今ではチーム医療を理解し、リーダーシップがとれる能力も求められています。
そうした資質を身につけるために最も大切なのはコミュニケーションスキル。
この大学には、人間性やコミュニケーション能力を鍛える科目が豊富にあります。4年間しっかりと学んでいきながら、患者様を思いやり、他の医療スタッフと連携を図れる理学療法士をめざしましょう。


近藤敏
ユニークな治療で患者様を笑顔に。それが、作業療法士の仕事です。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 専攻長 近藤 敏 教授

作業療法士は、自分が必要とされていることを実感できる仕事です。一見、治療とは思えない楽しそうな治療もあるし、 悪いところを見つけて治すだけではなく、良いところを見つけて伸ばす仕事でもあります。 そのようなユニークな治療で患者様の笑顔を取り戻すプロセスに、あなたの個性や特技を活かしてみませんか。
授業では作業療法の面白さや奥深さをしっかり伝えます。
私たちと一緒に地域社会で活躍できる作業療法士をめざしましょう。


丹羽敦
治療手段だけでなく、日常生活のすべて。
それが、作業療法士の領域です。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻 丹羽 敦 教授

作業療法士は、治療手段のことだけを言うのではありません。食事も入浴も、仕事も遊びも、日常生活すべてが領域です。
患者様にとってよりよい状態を作るにはどうすればいいか、そのまわりの家族に負担をかけないようにするにはどうすればいいか。
本人やその家族に一番ふさわしい生活のあり方を見出し、適応させていく。それが作業療法士の役割だと思っています。


藤村昌彦
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 藤村 昌彦 教授

臨床実習や国家試験など不安があると思います。また医療職者になるため、勉強の取り組み方から生活習慣まで見直さなければならないかもしれません。
しかし私たち教員が一丸となってサポートします。またリハビリテーション医学はスポーツや私の専門の予防するリハビリテーションなど分野が広範囲。
一つのことが苦手でも、きっと力を発揮できる分野を見つけられるはずです。ですから入学時に持っているピカピカ輝く個性を大切に、型にはまらないスケールの大きな医療職者になりましょう。



宮崎洋幸
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 宮崎 洋幸 准教授

みなさんには大きな可能性があります。しかしそれを活かせていない学生が多いようです。そんな時、私は3つのことをアドバイスします。
一つ目は「自分で気づく」こと。 成功や失敗のポイントを理解しましょう。次に「努力を惜しまない」こと。 貴重な4年間を無駄にしないように。最後に「素直に聞く」ことです。人からのアドバイスはとりあえずやってみましょう。 絶対に得るものがあります。
教員全員でみなさんをきめ細かくサポートします。3つのポイントを実践しながら大きく羽ばたきましょう。



平井秀雄
海外での支援活動の経験を授業に活かしています。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 平井 秀雄 講師

15年ほど前に青年海外協力隊としてパキスタンの首都イスラマバードにあるアルファラビ障がい児特別教育センターに赴任し、脳性麻痺、ポリオ、切断等の患児の理学療法や患児の家族への支援活動を経験しました。
障がいを抱えながらも、いきいきと生活していた患児たち。彼らにとって本当に必要なケアとは何かなど多くのことを実体験の中で学びました。
授業では、こうした経験をふまえ、理学療法の実践スキルとともに、その意義や役割を伝えていきます。



馬屋原康高
新しいことへのチャレンジとその経験を広めることができる理学療法士に。
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 馬屋原 康高 講師

理学療法士は、患者さまのライフ(生活・生命)を支えています。 理学療法士は、スポーツや高齢者のイメージが強いかもしれませんが、救命病棟、新生児病棟、心疾患、呼吸器疾患、 さらには特別支援学校、在宅医療と多くの分野で活躍し、各分野で患者さまのライフを支えているのです。 今後も理学療法の分野は、時代のニーズに応え広がっていくでしょう。
本専攻で学ぶ学生たちには、新しいことへチャレンジし、その成果を国内外の学会で発表することで、新たな理学療法を開拓して欲しいと考えています。 そのようなチャレンジが患者さまを支える礎となるのです。



谷川良博
作業療法士に必要とされる「考える力」を磨く4年間。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 谷川 良博 講師

作業療法士の醍醐味は一人ひとり異なる生活スタイルやライフステージをもとに、その方が望む生活をいっしょに築き上げていくことです。 そのためには脳と体の仕組みを理解する医学的知識が大切です。 さらに相手の趣味嗜好などの個性を理解する「心」も必要。本学の教職員はスペシャリストが集まっており、学生は興味のある分野を掘り下げることができます。 ここで学び、技術・知識はもとより、科学的に思考ができる作業療法士をめざしてください。



島千敬
医学的知識から生活障がいを理論的に分析、支援できるようになってほしい。
リハビリテーション学科 作業療法学専攻 島 千敬 講師

高度先進医療の中でも、作業療法士は必要とされています。 例えば、臓器移植やがんの治療後の患者さまは、免疫力や体力が低下することで、退院後の生活に大きな不安を感じます。 作業療法士は、そのような方々が自宅に退院し、仕事に戻るなどの生活を取り戻すトレーニングも行っています。 一人ひとりが自分らしさを取り戻すためには、障がいの原因を見極めて、個々人に応じた治療計画を立てることが必要です。 多くの医学的知識をもとに、理論的に思考する能力を養っていきましょう。


在学生のホンネ −HCUのココが好き!−

森元香葉さん
考えられる力を身につけます
森元 香葉さん(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
(広島県立広島井口高等学校出身)
まずは身体の構造や運動メカニズムを勉強。
機能の改善や維持のために一人ひとり異なる状態に合わせた治療を考えられる力を身につけます。
田中優希さん
知識と技術、人間力を磨いています。
田中 優希さん(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
(広島県立祇園北高等学校出身)
日常の作業活動を駆使して、心身に障がいをもっている方の社会復帰を支える仕事。
医療職者として必要な知識と技術、人間力を磨いています。
佐々木真理さん
患者様と家族のように接することができる理学療法士をめざしています。
佐々木 真理さん
(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
もともと医療系の大学に進もうとは思っていませんでしたが、祖母の病気をきっかけに理学療法のことを知り、 医師や看護師など医療スタッフと一緒に、リハビリ治療の中心となって活躍している理学療法士に憧れを抱くようになりました。
この大学を選んだのは、学科が開設したばかりで新しい歴史を自分たちで作っていけると思ったから。 先生方もとても熱意があり、一人ひとり丁寧に教えてくださいますし、友達も同じ目標を持って頑張っていますので、 学生と先生、そして学生同士の絆の強さを感じますね。今は3年後期から始まる臨床実習に向けて、知識と技術の習得に日々励んでいます。
不安はもちろんありますが、早く実際の患者様と接し、さまざまな経験を積んでいきたいです。 将来の目標は、患者様がいつでも明るく、日常生活をよりよい方向に持っていける理学療法士になること。 一人ひとりの方と家族のように接することができる人間力を身につけたいと思います。
森安雛子さん
リハビリの時間を楽しい時間に変える、魅力的な仕事だと思います。
森安 雛子さん
(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
作業療法について、私が最も魅力的に感じているのは、作業を通じて心のケアをしながら楽しくリハビリを提供できること。 1年次の授業で、実際に作業療法で用いる編み物や陶芸を体験し、自分でやるだけではなく、人に教えることの難しさを実感しました。
作業療法では、障害のある患者様に対して、自尊心を傷つけず、身体的に苦痛を与えることなく指導しなくてはなりません。 リハビリの時間をいかに楽しい時間に変えていくか。 それこそが、作業療法士の魅力だと思います。また、会話が困難な患者様に対しては、まばたきや脈拍数でコミュニケーションを図る手法もあることを授業で知り、その奥深さを実感しています。
私が理想とするのは、積極性を引き出せ、なおかつ第二の人生を生き生きと送っていただけるようしっかりサポートできる作業療法士。 まだまだ学ぶべきところはたくさんありますが、日々の授業やこれから始まる臨床実習を懸命に取り組み、理想に近づけるように頑張りたいと思います。
森迫優太郎さん
実習レポート
森迫 優太郎さん
(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
見学実習で実際の作業療法の現場を見た印象は、思っていたよりも和やかにリハビリ治療が行われていたこと。作業療法士と患者様との距離が近く、楽しそうな雰囲気に驚かされました。
私自身、患者様と積極的に会話することを目標としていたのですが、患者様のほうから声をかけていただくことも多く、 親しみやすい実習先で学べて本当によかったと思っています。 ただ、実習現場で作業療法士の方から質問された時、授業で習った内容にもかかわらず、ちゃんと答えられなかったこともありました。 頭ではわかっていても、実際の現場を経験しなければわからないことがたくさんあると実感しました。
また、実習を通じて最も大切だと思ったのは、やはりコミュニケーション能力。 患者様の中には会話が難しい方もおられたのですが、作業療法士の方がジェスチャーを交えながら、意思の疎通を図っていました。
そうした能力を身につけるには、数多くの経験を積み重ねていかなくてはなりませんが、少しでも上達するように日頃から挨拶などコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。
太田光洋さん
実習レポート
太田 光洋さん
(リハビリテーション学科 理学療法学専攻)
総合臨床実習を通して、数多くの患者さまと関わらせていただく中で、現場での理学療法の進め方や、円滑なコミュニケーションの図り方など、様々なことを学ばせていただきました。
特に、病院スタッフの方々や、患者さまとの良好な人間関係を築くことが、リハビリテーションを行う上で最も重要であると改めて感じました。
また、患者さまの経過を辿っていくことで、理学療法が患者さまの未来を左右する重要なものであり、責任感を持たなくてはならないと実感しました。 それによって、患者様にとって一番の理学療法を行うための知識や技術など、学んでいかなければならない点を明確にすることができました。
これからも、この気持ちを忘れることなく、自分の目指す理学療法士に近づけるよう、励んでいきたいと思います。
田子晴香さん
実習レポート
田子 晴香さん
(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
実習は実際に担当させていただいた患者様に対して、今の自分に何ができるのかを深く考える機会です。
今まで学校で学んできた知識や技術を実践し、足りない部分を補い、新たに付け加えるという繰り返しが成長につながると感じました。
また、向上心を持って臨むことで現場の先生方も熱心に指導してくださいます。実習へ出て「自分の為」ではなく「患者様の為」に日々勉強していける作業療法士になりたいと思いました。


現場で活躍している先輩たちからのメッセージ

森田憲吾さん
スポーツと関わりたい。夢は最高のかたちで実現。
森田 憲吾さん(広島医療保健専門学校 2004年度 卒業)
(医療法人社団 飛翔会グループ 広島ドラゴンフライズ専属トレーナー)
広島でスポーツ医療を通じた地域貢献に取り組む飛翔会グループに理学療法士として所属。 スポーツに関わりたいという在学中からの夢がかない、現在はプロバスケットボールチーム「広島ドラゴンフライズ」のメディカルトレーナーを務めています。 日々の練習では、開始前のウォーミングアップやテーピング、終了後のケアなどを通して選手のコンディションづくりをサポートします。 練習中は選手の動きをチェックし、コンディションを把握。 選手一人ひとりの課題に応じたトレーニングやケアも行い、週末の試合でより良いパフォーマンスが出せるようバックアップしていきます。 プロである以上、結果が重要です。積み上げてきたことが試合で「勝利」という実を結んだ時が、達成感を感じられる瞬間です。
森田憲吾さん
人が好き。それがすべての原点。
トレーナーとして私が最も心がけていることは、選手とのコミュニケーションです。 コンディションには体だけでなく心の状態も関係します。 普段から選手と気軽に話せる関係を築き、一人ひとりの身体的な特徴や状態に加え、性格や精神的な状態までトータルに理解したうえで、必要なメニューを実践しています。 そのためには、理学療法士としての専門的な知識と技術はもちろん、一人ひとりに愛情を持って向き合うことが大切です。 人が好きであること。それが、トレーナーに限らず、理学療法士に必要な基本だと思います。 その基本は、在学中に先生の熱心な指導を通じて学ぶことができました。 私の理学療法士のキャリアは、先生をはじめ、先輩、同期の仲間、そして就職してからも選手や職場の上司など多くの人との出会いに支えられています。 これからも、人を思う気持ちを第一に、自分を高めていきたいです。


森貞・砂田
より広い範囲で患者さまと関わることができる作業療法士の将来性。
久留嶋 崇史さん(広島医療保健専門学校 2006年度 卒業)
(医療法人社団 朋和会 西広島リハビリテーション病院 リハビリ部作業療法科副主任)
高校を卒業して最初は介護福祉士の資格を得るために都市学園大グループの「専門学校福祉リソースカレッジ広島」で学びました。 もともとリハビリに興味があったのですが、介護福祉士の実習で作業療法の現場にふれ、卒業後に作業療法士の道へ。 患者さまと手芸や陶芸などでひとつの作品をいっしょに作っているときが楽しく、作業療法士になってよかったと思っています。 特に高次脳機能障害を抱えた患者さんとの作品が完成したときの達成感は格別です。 私は、作業療法士は理学療法士と介護福祉士の間のようなポジションだと思っています。 患者さまに寄り添うという点では同じですし、内容も大きな違いはなくなってきている印象です。 主には身体機能を診る理学療法、改善された機能でどのように生活するかの手段や方法を考える作業療法、できるようになったことをお手伝いする介護、といった流れでしょうか。 現場では作業療法士が足りていないこともあり、どちらの領域にも近くどちらにも携わることができる作業療法の将来性を感じています。
リハビリの先にある楽しみを共有できるよろこびとやりがい。
リハビリのこの動きが、どういった生活の動きにつながるかを考えながら患者さまに合わせたオリジナルのプログラムをつくることができる楽しさ。 実際の生活に関係する動作練習でやりがいをいっしょに見つけていく、作り上げていく充実感。 リハビリのその先にある楽しみを考えながら、患者さまといっしょに向かっていけることが作業療法士ならではのやりがいだと思います。 この病院でスーパーバイザーをすることもありますので、実習でお会いできるかもしれませんね。


▲ページトップへ