ホーム > 学部案内 > 活躍する卒業生 リハビリテーション学科

大学案内

活躍する卒業生

森田さんイメージ
森田さんイメージ

スポーツと関わりたい。夢は最高のかたちで実現。

練習イメージ
 広島でスポーツ医療を通じた地域貢献に取り組む飛翔会グループに理学療法士として所属。 スポーツに関わりたいという在学中からの夢が叶い、現在はプロバスケットボールチーム「広島ドラゴンフライズ」のメディカルトレーナーを務めています。
 チームは火曜から金曜が練習で、土・日が試合です。日々の練習では、開始前のウォーミングアップやテーピング、終了後のケアなどを通して選手のコンディションづくりをサポートします。 練習中は選手の動きをチェックし、コンディションを把握。選手一人ひとりの課題に応じたトレーニングやケアも行い、週末の試合でより良いパフォーマンスが出せるようバックアップしていきます。 プロである以上、結果が重要です。積み上げてきたことが試合で「勝利」という実を結んだ時が、達成感を感じられる瞬間です。

人が好き。それがすべての原点。

練習イメージ
 トレーナーとして私が最も心がけていることは、選手とのコミュニケーションです。コンディションには体だけでなく心の状態も関係します。普段から選手と気軽に話せる関係を築き、一人ひとりの身体的な特徴や状態に加え、性格や精神的な状態までトータルに理解したうえで、必要なメニューを実践しています。そのためには、理学療法士としての専門的な知識と技術はもちろん、一人ひとりに愛情を持って向き合うことが大切です。人が好きであること。それが、トレーナーに限らず、理学療法士に必要な基本だと思います。
 その基本は、在学中に先生の熱心な指導を通じて学ぶことができました。私の理学療法士のキャリアは、先生をはじめ、先輩、同期の仲間、そして就職してからも選手や職場の上司など多くの人との出会いに支えられています。これからも、人を思う気持ちを第一に、自分を高めていきたいです。

現場で活躍している先輩たちからのメッセージ

升田勇樹さん
必ず充実した未来が待っています!
升田 勇樹さん
(広島大学病院診療支援部 リハビリテーション部門勤務)
私は今、理学療法士として急性期理学療法に携わらせていただいています。 患者様からいただける一つ一つの感謝の言葉に喜びながらも、もっとできることはなかっただろうかと振り返る毎日です。
みなさん、今は辛いこともあるでしょうが、この先には必ず充実した未来が待っています。一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。
石田愛理さん
この仕事は本当にやりがいがあります
石田 愛理さん
(和光整形外科クリニック勤務)
私は学校を卒業してスポーツクリニックに就職しました。学生さんから高齢者まで幅広い年齢層の、主に運動器疾患の方が中心に理学療法を行っています。
運動療法・徒手療法・テーピング等の治療を行いながら、社会復帰・スポーツ復帰のお手伝いをします。患者さまのニーズに応えられるよう日々勉強です。
改善していく患者さまを近くでサポートできるこの仕事は本当にやりがいがありますよ!
藤川美佳さん
仲間や先生方との関わりを大切に
藤川 美佳さん
(浜脇整形外科病院勤務)
卒業しても日々勉強です。やったことが結果にでるのが楽しいですよ!職場環境にも恵まれ、毎日充実しています。
みなさんも、学生時代の仲間や先生方との関わりを大切にして過ごしてください。
高橋健友さん
学生時代から自己研鑽
高橋 健友さん
(独立行政法人 国立病院機構 呉医療センター 中国がんセンター勤務)
私たちは患者様の「障がい」と向き合う仕事です。そのために共に考え、訓練に取り組みます。
大変なこともありますが、患者様の笑顔に癒され、やりがいと感じます。そのためにも学生時代から自己研鑽をしてください。
臨床現場でみなさんに会えることを楽しみにしています。
畑口恵利奈
悩んだ時は学生時代の仲間や先生方に相談
畑口 恵利奈さん
(安芸太田病院勤務)
手術後や脳卒中で体にまひが残る患者様のリハビリを担当。一人ひとりリハビリの方法が異なり、悩んだ時は学生時代の仲間や先生方に相談しています。
中山慎崇
人とのつながりを大切に!
中山 慎崇さん
(呉整形外科クリニック勤務)
いろいろな症状の患者様に対応するため、常に勉強が大切。 そして何よりも豊かな心が必要なので、学生時代から人とのつながりを大切にしてください。
古賀千尋
「ありがとう」にやりがいを感じます
古賀 千尋さん
(廿日市記念病院勤務)
人の人生の一部に関わる仕事。大変な分、患者様の「ありがとう」の言葉にやりがいを感じます。 成長を支えてくれた仲間・教員の方にとても感謝しています。
重田祥子
新たな発見に喜びを感じます
重田 祥子さん
(独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター勤務)
リハビリの効果を検討し、患者様と接する中で新しい発見をすることに喜びを感じています。 学生時代にしっかり知識・経験・人間関係を築いてください。